« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月26日 (日)

鼻音を伴う母音(-nと-ng)

鼻音を伴う母音(-nと-ng)
今回も模範音声がついた録音できるPDFです。今回のPDFは3ページあります。1ページ目はPDFの使い方、2ページ目は鼻音を伴う母音の一覧表です。ここで1つ1つ模範音声を聞いてみましょう。3ページ目は-nと-ngでペアになっているものをペアごとに聞きます。nとngの違いだけでなく、その直前の母音の音色の違いに注意しましょう。2ページ目、3ページ目とも模範音声を聞いた後で、自分の声を録音してみてください。

2009年4月21日 (火)

声母(子音)

声母(子音)
自分の担当する授業でこの教材を使っていますので、授業の進行に合わせて連載時とは違った順番になっています。申しわけありません。
今回も無料のAdobe Readerで録音できる音声付きPDFです。pinyinをクリックすると模範の音声が聞けます。pinyinの下に自分の声を録音して貼ってみましょう。方法はPDFの1ページ目に書いてあります。
今回は各セルのpinyinに模範音声が貼ってあるのに加えて、唇音・舌尖音・舌根音・舌面音・そり舌音・舌歯音というところにも模範音声が貼ってあります。例えば唇音をクリックすると、bo po mo foと一気に読み上げます。

2009年4月11日 (土)

声調

声調

連載時とは順番が異なりますが、声調の音声付きPDFです。

pinyinをクリックすると模範音声が聞けます。初めてクリックしたときにはマルチメディアを再生することに関する警告が出ますが、「再生」をクリックしてください。間違えて「キャンセル」をクリックすると音が出ません。もし間違えた時は一旦PDFを閉じて、もう一度開き直して下さい。

このPDFは無料のAdobe Readerを使って、自分の声を録音してPDFに貼り付けて保存することができます。方法はPDFの1ページめに書いてあります。模範音声と簡単な説明は2ページめです。パソコン環境はそれこそ人によって千差万別ですので、どの方のパソコンでもできると保証はできませんが、模範音声を聞いた後に試してみて下さい。

なお、模範音声はシングルクリックで再生、録音した自分の声を再生する時はダブルクリックで再生ですのでご注意下さい。

第1回母音の練習3

第1回母音の練習3
単母音と複母音の表では第1声だけでしたが、この練習では他の声調の単語も練習してみましょう。
1ページめに書いてありますが、2ぺーじめにあるpinyinをクリックすると模範音声が聞けます。
有料のAcrobat Proを使って、無料のAdobe Readerを使って自分の声を録音できるようにPDFを設定してありますので、1ページめの説明を見て自分の声をPDFに保存して聞いてみてください。

単母音と複母音の表

単母音と複母音の表
今回のPDFはこれまでのものと違う形式です。模範音声付きのPDFなのですが、無料のAdobe Readerを使って自分の声を録音し、PDFに貼り付けることができます。PDFの1ページめにその方法が書いてありますので、挑戦してみてください。

2009年4月 6日 (月)

第1回母音の練習2

第1回母音の練習2
定期的に更新できればよいのですが、勤務の合間にPDFの作成作業をしていますので、間が空いてしまいました。途切れ途切れでもなんとか1年分の練習を音声付きPDFにする予定ですので、気長にお待ちくださいますようお願いします。
ところで、採点機能付きPDFの最後の点数のページに「解答を振り返る」というボタンがあります。このボタンをクリックすると、自分が何番を選んで、正解が何番であったか見ることができます。音声も再生されます。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »