2010年5月 1日 (土)

無気音と有気音の聞き分け練習問題(3)<採点機能付き>

無気音と有気音の聞き分け練習問題(3)
無気音と有気音の聞き分け練習問題(採点機能付き)の第三弾です。
一つ目と二つ目の聞き分け練習問題は選択肢を順に読んでから問題に入りました。三つ目は難易度が上がって、問題だけを2回読みますので、選択肢から無気音か有気音かを選んでください。この問題で音声を聞いただけで全問正解できれば、無気音と有気音の聞き分けに関してはまずOKだと思います。
一行目のリンクを右クリックして、PDFファイルを自分のパソコンにダウンロードしてご使用ください
必要なソフト
なお、この練習問題を使うにはAdobe Readerのver.9以上が必要です。ver.8以下では動きませんのでご注意ください。
Adobe ReaderはAdobe社のWebページからダウンロードできます。

無気音と有気音の聞き分け練習問題(2)<採点機能付き>

無気音と有気音の聞き分け練習問題(2)
無気音と有気音の聞き分け練習問題(採点機能付き)の第二弾です。
一つ目の聞き分け練習問題は声調は第1声のみ、声母を始めて習う時に使う韻母をつけた音節を使用しましたが、今度は他の声調、他の韻母をつけてみました。
一行目のリンクを右クリックして、PDFファイルを自分のパソコンにダウンロードしてご使用ください
必要なソフト
なお、この練習問題を使うにはAdobe Readerのver.9以上が必要です。ver.8以下では動きませんのでご注意ください。
Adobe ReaderはAdobe社のWebページからダウンロードできます。

2010年4月20日 (火)

無気音と有気音の聞き分け練習問題(1)<採点機能付き>

無気音と有気音の聞き分け練習問題(1)

清原です。久しぶりの更新です。
この4月から中国語を始めた方は、ちょうど無気音と有気音の聞き分けに苦しんでおられる頃ではないでしょうか?
ポイントは有気音の息の摩擦の部分です。息が抜けてから音が出てくるそんな感じです。
無気音と有気音の聞き分け練習問題を作りました。採点機能付きです。
一行目のリンクを右クリックして、PDFファイルを自分のパソコンにダウンロードしてご使用ください。

必要なソフト
なお、この練習問題を使うにはAdobe Readerのver.9以上が必要です。ver.8以下では動きませんのでご注意ください。
Adobe ReaderはAdobe社のWebページからダウンロードできます。

練習問題の使い方
(1)最初の説明のページから問題に入るには再生ボタン(横向きの三角印)をクリックします。
(2)音声は無気音→有気音→スティンガー→問題に順に流れます。
(3)選択肢の前の○をクリックして解答してください。
(4)「次へ」ボタンをクリックすると採点して、次の問題へ行きます。
(5)最後まで行くと点数が出ます。満点を取れば合格と表示されます。
(6)「クイズのレビューボタン」をクリックすると自分の解答を見直せます。不正解の所は正解が表示されます。
(7)PDFを閉じると解答した内容は消えてしまいますので、しばらく時間が経って忘れたらまたやってみてください。

2009年4月21日 (火)

声母(子音)

声母(子音)
自分の担当する授業でこの教材を使っていますので、授業の進行に合わせて連載時とは違った順番になっています。申しわけありません。
今回も無料のAdobe Readerで録音できる音声付きPDFです。pinyinをクリックすると模範の音声が聞けます。pinyinの下に自分の声を録音して貼ってみましょう。方法はPDFの1ページ目に書いてあります。
今回は各セルのpinyinに模範音声が貼ってあるのに加えて、唇音・舌尖音・舌根音・舌面音・そり舌音・舌歯音というところにも模範音声が貼ってあります。例えば唇音をクリックすると、bo po mo foと一気に読み上げます。

2007年6月29日 (金)

7月号補充練習問題その3

7月号補充練習問題その3をダウンロード

無気音と有気音の区別、マスターできましたでしょうか? もしそうなら皆さんの中国語学習の伴走者である私もとてもうれしいです。

来週は『中国語ジャーナル』2007年8月号の発売です。8月号のテーマはj・q・xに関するつづりの規則です。先生について中国語を勉強している方は教室でju・qu・xuの発音を直されたことが一度や二度あるのではないかと思います。また自学自習の方はju・qu・xuのuの発音がどうも他の子音についているuの発音と違うようで釈然としない思いをお持ちではないでしょうか。「どうして?」と思っていた方、8月号の解説でその謎が解けて頭がすっきり、そして誌面の練習+このブログで配信している補充練習問題で聞き分けも発音もバッチリ!となりますように。

では『中国語ジャーナル』2007年8月号の予告はこちらへ。「次号予告」をクリックすると8月号の予告が見られます。

2007年6月22日 (金)

7月号補充練習問題その2

7月号補充練習問題その2をダウンロード

無気音と有気音の区別、たいへんですね。なんでこんな区別があるんだと嘆き節の方もおられるでしょう。ただ逆もまた真なりで、中国語を母語とする人(特に中国の北方出身の人)が日本語を学ぶときは、日本語の清音と濁音の区別に苦しむことになります。お互い自分の母語では区別しない音の違いを習得するのに一定の時間と練習が必要なのです。めげずにがんばりましょう。とにかくやめてしまわないことが大切です。

2007年6月15日 (金)

7月号補充練習問題その1

7月号補充練習問題その1をダウンロード

練習して聞き分けはどうにかなったが、発音し分けることがどうも難しい、特に有気音の方が難しいという感じられる方もおられると思います。有気音の特徴は息による長めの摩擦が入ることです(子音で口が開く→息の摩擦→母音)。息の摩擦がうまくできない場合は、もしかしたら息を溜める動作がうまくいっていないのかもしれません。息で摩擦をする段になって息をくみ出すのではなくて、その前に息を溜めている段階があるのです。私の母語は中国語ではなく日本語ですので参考になるかどうかわかりませんが、私の感覚では溜めた息を先に抜いてやってその後で母音が追いかけてくるのが有気音です。

2007年6月 8日 (金)

中国語ジャーナル7月号発売

『中国語ジャーナル』7月号の「ネットでGet!ピンイン聞き分けトレーニング」のテーマは無気音と有気音です。
無気音と有気音の区別ができないと、中国語では困ったことになってしまいます。例えば、

(1)(お父さん)と(怖がる)
(2)(大きい)と(踏む)
(3)(古い)と(にがい、苦しい)
(4)(ニワトリ)と(7)
(5)zhū(ブタ)とchū(出る)
(6)(有料で借りる、貸す)と(太い、粗い)

(1)〜(6)のペアの単語の発音の違いは、左が無気音で右が有気音であることです。無気音と有気音の違いは、有気音の方には息による長めの摩擦が入ることですが、日本語を母語とする人にとっては普段は聞き分ける必要のない音の違いなので、習い始めの頃は聞き分けることも発音しわけることもたいへんです。

外国語の学習は新しいスポーツを始めることと似ています。最初は身体の使い方がわからなくてへっぴり腰だったフォームも練習を重ねるうちにそれなりに様になってきますよね?