« 中国語ジャーナル11月号発売 | トップページ | 11月号補充練習問題その2 »

2007年10月16日 (火)

11月号補充練習問題その1

11月号補充練習問題その1をダウンロード

声調について日本語話者向けの発音のポイントを紹介します。

[第1声]:高→高ですが、最後まで高さを保てなくなる人がいます。まず普段使っている声より高い声を使いましょう。そして最後まで力を抜かないようにします。
[第2声]:中→高の上がり調子ですが、日本語話者は往々にして高いところまで十分上がりきらないようです。しっかり高いところまで引き上げましょう。
[第3声]:単独で発音すると低→低→中になりますが、後ろに第1声・第2声・第4声が続くと後半の上がっていく部分はなくなります。このブログでも何回か書いていますが、低→低が第3声の本質です。上がっていく部分を意識すると日本語話者の場合、第2声と区別がつかなくなってしまうことが多いです。
[第4声]:高→低の下がり調子です。高いところから低いところへすばやく一気に下げてください。

« 中国語ジャーナル11月号発売 | トップページ | 11月号補充練習問題その2 »